page_top

学生による地域活性化事業「石川トランプ」が商品化

金沢大学

  • 2017.5.17

 金沢大学の地域連携推進センターでは、学生団体の地域連携活動をさまざまな形で支援している。平成26年度には、「学生チャレンジ事業」として、学生らしいアイデアによって地域活性化や地域貢献を行うプロジェクトを募集。採択プロジェクトに活動費の一部を助成した。その中のユニークな取り組みのひとつに「石川トランプ」がある。

 これは、地域おこしに取り組む金沢大学の学生団体「飛脚」が、「遊びながら石川の魅力を知ってほしい」と考案したもの。スペードのマークには石川県の県鳥であるイヌワシ、クローバーには石川県の木であるアテノキなどが使われ、カードの表面には県内各地の観光名所や祭り、特産品、ご当地キャラなどの写真を掲載。トランプとしても、かるたとしても遊ぶことができ、しかも英語の表記もあるため、外国人も楽しめるようになっている。同団体は県内各地で石川トランプを使った大会を開催して普及に努めており、今年1月にはついに商品化されて県内の土産物店などで販売。石川県の魅力が日本全国、さらには世界へと広がることをめざしている。


記事画像
石川県の魅力が満載の「石川トランプ」

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

学校ニュース 記事一覧

“金沢大学”の関連記事一覧