page_top

現在、アクセス集中により大学検索が繋がりにくい場合がありますのでご了承ください。

注目のiPS細胞をテーマに高校生向け実験講座を開催

奈良県立医科大学

  • 2017.1.6

 奈良県立医科大学で、「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」が開催された。

 このプログラムは、科学のおもしろさを感じてもらうために開催されたもので、今回は高校生が対象。募集開始後すぐに定員に達する人気ぶりで、当日は全国から熱心な高校生が集まった。

 テーマは、京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことで注目を集めるiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、人工腸管(iGut)を立体臓器としてつくる方法を学ぶこと。講義では3名の講師陣がこれまでの実績や体験談を織り交ぜながら、ES 細胞とiPS 細胞の違いや、iPS細胞を三次元培養するときの方法である「懸垂培養」の説明、再生医療とiPS細胞の特性などをわかりやすく解説。実験では、ピペットを使って培養液を培養皿のフタの裏に吊り下げる「懸垂培養」を体験。懸垂培養の難しさや、実験に対する真摯な態度を学んだ。

 今回は、7名の医大生がアシスタントとして実験をサポート。参加した17名の高校生からは、「iPS細胞についてよくわかった」「医学部の学生のみなさんがそれぞれ志をもっていて、かっこいいと思った」など、好評の声が届いた。

記事画像
講師の指導のもと、白衣を着て実験に参加する高校生たち

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代

螢雪時代・2月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

学校ニュース 記事一覧

“奈良県立医科大学”の関連記事一覧