page_top

「石膏像を見に行こう!」合同ゼミで展覧会を開催

群馬県立女子大学

  • 2016.12.28

 群馬県立女子大学の実技棟ギャラリーにて、展覧会「石膏像を見に行こう!」が行われた。

 10月に行われた同イベントは、より多くの人に美術に親しんでほしいという思いから、授業の教材である「石膏像」の由来を伝え、楽しみながら触れてもらう目的で開催されたもの。文学部美学美術史学科の藤沢ゼミ(西洋美術史)、奥西ゼミ(アートマネジメント)、高橋ゼミ(デザイン)、山崎ゼミ(絵画)の4ゼミが合同で主催し、石膏像選びや作品解説から、お楽しみコーナー、石膏デッサンの選定、ポスターやチラシのデザイン、会場設営・撤収、当日の運営まで、すべてに学生が携わった。

 会場には、同大学が所有する約30体の石膏像の中から、デッサン教材としての基準などを考慮して選ばれた「アポロ胸像」「ミロのヴィーナス半身像」など13体を展示。石膏像にマンガのようなフキダシを添えて記念撮影ができるコーナーを設けるなど見せ方を工夫し、今日の研究成果だけでなく、石膏像の親しみあるキャラクターとしての魅力を伝えた。

 参加した学生からは、「他のゼミの活動を学ぶことができた」、「自分たちの得意分野を活かして活躍することができてうれしい」などの感想が聞かれた。

記事画像
展覧会の様子。当日は、同大学授業「工芸1(染織)」の作品展も同時開催された。

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“群馬県立女子大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中