page_top

学生フォーミュラ大会で2度目の総合優勝を果たす

京都工芸繊維大学

  • [2016/12/20]

 京都工芸繊維大の学生フォーミュラ参戦プロジェクトチーム“Grandelfino(グランデルフィーノ)” が、静岡県の小笠山総合運動公園(ECOPA)で9月に開催された「第14回全日本学生フォーミュラ大会」で4年ぶり2度目の総合優勝を果たした。

 この大会は、学生の自主的なものづくりの総合能力を養成し、将来の自動車産業を担う人材を育てることを目的に2003年から開催されている。競技は、学生たちが自ら構想、設計、製作したレーシングカーを実際に走らせて行う動的審査(走行競技、燃費などの審査)に加えて、技術面やマーケティング的な側面を評価する静的審査(コスト、プレゼンテーション、デザインの審査)で構成される。技術力だけでなく、ものづくりの総合力が競われる内容だ。

 今大会、Grandelfino の車両は最終種目であるエンデュランス(耐久走行)のラップタイムにおいて、好記録をマーク。最終日までの順位は暫定3位だったが、この最終種目で高得点を獲得し、総合得点がもっとも高いチームに授与される経済産業大臣賞に輝いた。

記事画像
競技を終え、レーシングカーを囲むチームメンバー

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“京都工芸繊維大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中