page_top

ゼミ考案の「5W1H手帳」高橋書店より商品化

茨城大学

  • [2016/12/16]

 茨城大学教育学部情報文化課程の齋藤芳徳教授とゼミの学生が考案した手帳「5W1H 手帳」が、株式会社高橋書店により商品化。9月に「ティーズマネジメントダイアリー」として発売された。

 「5W1H 手帳」を考案したのは、齋藤芳徳教授および同教授のゼミに所属する野里彩純さん(4年)、高内瑛さん(4年)、中村沙里衣さん(2016年3月卒)のチーム。授業の一環として株式会社高橋書店主催の「第19回手帳大賞」(2015 年)に応募し、総数1,330点の中から「最優秀賞」を受賞した。手帳は、各ページに1日の予定を書き込める形式で、従来の手帳にある「When(いつ)」「Where(どこで)」「What(何を)」「Who(誰と)」という情報に加え、「Why(なぜ=目的)」「How(どのように=具体的な内容や手段)」を記すことができる。考案者の一人である野里さんは、「この手帳を使うことで自分の行動を整理し、目的意識をもてるようになると思う」と語っている。

 「ティーズマネジメントダイアリー」は9月より全国の書店・文具店などで販売されており、奥付には考案メンバーの名前も記されている。

記事画像
「ティーズマネジメントダイアリー」を手にする齋藤芳徳教授(写真左)と野里彩純さん

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“茨城大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中