page_top

大学・企業・団体が協力し、移動可能な劇場を実現

名城大学

  • 2016.12.12

 名城大学理工学部建築学科の生田京子准教授の研究室では、移動式テント劇場を設営し、全国巡回公演を行うプロジェクトを進めている。プロジェクト名は、「月灯りの移動劇場」。ダンサーの浅井信好さん(演出・構成・振付)を中心に複数の企業・団体が集まり、企画された。生田研究室は「移動劇場」と「舞台セット」のデザインを提案している。

 移動劇場の実現には、3年生から大学院生までの26人が1年がかりで完成にこぎつけた。劇場は地方の山村にも公演に出向くため、骨組みのパイプは軽いFRP(繊維強化プラスチック)を使い、ウインチで簡単に組み立てられるように工夫されている。こうした移動劇場が増えれば、これまで巡業のなかった地方でも、観劇の機会が増えるかもしれない。

 この活動は、名城大学の戦略プラン(MS-26)で推進されている「学びのコミュニティ創出支援事業」の取り組みの一つ。MS-26戦略プランが掲げる価値観「生涯学びを楽しむ」には、さまざまな経験を通して「学ぶ楽しさ」に気づき、卒業・修了後も楽しみながら学び続けてほしいという思いが込められている。この戦略プランに基づき、生田研究室の活動のほかにも、価値ある体験ができる事業が多数進められている。

記事画像
完成した移動劇場。テント型で簡単に移動・設営ができる。

この記事は「螢雪時代(2016年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“名城大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中