page_top

学生が小田急百貨店イベント プロモーションを担当

玉川大学

  • 2016.12.1

 玉川大学芸術学部メディア・デザイン学科の学生が、小田急百貨店町田店との教育連携の一環として、同店舗40周年記念イベントの広告クリエイティブに取り組んだ。

 同イベントは、『ありがとうの贈り物』をコンセプトに、百貨店顧客からメッセージを募り、掲示を行うプロジェクト。学生有志たちは、展示班とCM班に分かれ、小田急百貨店の販売促進担当者と定期的な企画会議を実施。約3か月をかけ、広告制作を進めた。展示班は、特設会場の演出を担当。町田市の花・サルビアを取り入れた演出を検討し、プロクリエイターと意見交換しながら、「ありがとう」の気持ちをディスプレイで表現した。CM班は多くの企画案から選ばれた4本を撮影・編集し、30秒のメッセージ募集CMを制作。CMには他学科の学生や百貨店スタッフ、プロの俳優なども出演した。

 ほかにも、同大学では、外部組織と連携した多様な「プロジェクト型授業」を展開。制作作品は、「第12回ACジャパンCM学生賞」や「東京国際フォーラム・未来の輝きアワード/ゴールドプライズ」など、多くのコンテストで入賞している。


記事画像
特設会場の展示を担当した学生と、小田急百貨店町田店のスタッフ

この記事は「螢雪時代(2016年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“玉川大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中