page_top

学生食堂でハラルメニュー発売

島根大学

  • 2016.11.14

 島根大学は、松江キャンパスで運営する学生食堂でハラル食の提供を始めた。ハラル食は、イスラム教徒の戒律で食べることを禁じられた食品(豚肉、お酒などが代表的)を使用していない食品のこと。イスラム教徒が安心して食べられる食品として注目されている。

 島根大学には約180人の留学生がおり、バングラデシュ、インドネシア、アフガニスタンなど、イスラム圏の国からの留学生も多い。留学生からハラル食を提供してほしいとの要望があり、大学生協・留学生・大学で協議を重ね、今回実現された。

 メニューはポン酢からあげやタンドリーチキン、シーフードカレーなど10種類あまり。大学全体のグローバル化促進の一環として、日本人学生と留学生が相互に異文化理解を深める機会として、活用していきたいとのことだ。



この記事は「螢雪時代(2016年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“島根大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中