page_top

ゼミでの学びを活かし、学生が商品を企画開発

中村学園大学

  • 2016.11.11

 流通科学部の手嶋恵美准教授のゼミ生が企画した『シェアわせ明太子』が商品化され、発売された。

 福岡を代表する食品でありながら、売り上げ減少などの課題を抱える明太子業界を応援しようと企画をスタート。ゼミで学んだ商品開発プロセス、販売促進やマーケティングの手法などを活かして、商品コンセプトを具体化した。少人数世帯の増加や健康志向に伴うライフスタイルの変化に着目して、シェアしやすい「個包装」、贈りたくなる・伝えたくなる遊び心と特別感のあるパッケージ、「しあわせ・おいしさを分かち合う明太子」を表現するネーミングなどを考案し、採用された。製造・販売は株式会社やまやコミュニケーションズ、プロジェクト・サポートはJR九州リテール株式会社の協力を得て『シェアわせ明太子』は商品化。博多銘品蔵(JR博多駅)、福岡銘品蔵シーホーク店、小倉銘品蔵(JR 小倉駅)、やまや直営店等で購入が可能だ。



この記事は「螢雪時代(2016年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“中村学園大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中