page_top

「食の6次産業化」を担う人材養成プログラムを導入

酪農学園大学

  • 2016.11.2

 「農」と「食」を教育・研究の重要な柱に掲げる酪農学園大は、「食Pro.(食の6次産業化プロデューサー)」育成プログラムを、2016年度より導入している。「食Pro.」とは内閣府が掲げる国家戦略の一つで、食分野で新たなビジネスを創出するための職能レベルを6段階で認定するもの。農業などの1次産業と、加工品製造などの2次産業、流通・販売・サービスなどの3次産業を一体化させる、「食の6次産業化」に携わる人材育成を目的としている。

 同大学では、今年度、1年生の希望者73名に向けて、レベル1の育成プログラムを実施した。このプログラムでは、指定された授業科目を履修することにより認定要件を満たすことが可能。単位を修得し、卸売市場見学に参加した学生には修了証を発行する。また、レベル2、3の育成プログラムについても、次年度以降、随時実施していく予定だ。

 さらに、同大学では、「食Pro.」育成プログラムの導入に伴い、オリジナルワインプロジェクトを発足。8月には、道産ワインとチーズに関するシンポジウムを開催し、学生や市民など、約280名が聴講した。


記事画像
「食Pro.」認定のための指定科目「健土健民入門実習」にて、バターの製造実習を行う学生たち。

この記事は「螢雪時代(2016年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“酪農学園大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中