page_top

立教大との共催で「グローバル人材育成」を考えるシンポジウムを開催

宮崎大学

  • 2016.10.14

 宮崎大と立教大(東京)の合同シンポジウム「宮崎を愛するグローバル人材の育成を考える」が8月27日に宮崎市民プラザで開催された。

 立教大の山口和範副総長、宮崎大の伊達紫副学長のあいさつに続き、立教大経営学部教授・グローバル教育センター長でNHK「おとなの基礎英語」講師も務める松本茂氏が基調講演。「英語ができるとチャンスが広がる。宮崎のいいところを再認識して世界を相手に活躍しよう」と来場した高校生らに語りかけた。

 第2部のパネルディスカッションでは、パネリストが2016年に開設した宮崎大地域資源創成学部の紹介をまじえて宮崎大の国際化の取り組みの説明や、グローバル人材についてのディスカッションを展開した。

 約40名の生徒と参加した宮崎日本大学高校英語進学科長の笠原翼先生は、「松本先生の講演を聞いて、課題解決型学習の重要性を感じた。生徒たちは自主的にメモをとりながら聞いており、宮崎から世界に羽ばたきたいという意識を感じた。グローバル人材とは、英語が話せるだけでなく自国の歴史や文化など話す内容をどれだけ持っているかが重要」と感想を話した。

記事画像
写真提供:宮崎立教会

この記事は「螢雪時代(2016年11月号)」掲載記事を一部改編してお届けします。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“宮崎大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中