page_top

国内ソーラーカーレースで学生チームが総合優勝

工学院大学

  • 2016.10.26

 工学院大学のソーラーチームが、秋田県大潟村で行われたソーラーカーレース『ワールド・グリーン・チャレンジ2016』のクルーザークラスに参戦。大会新記録で、国内大会3度目となる総合優勝を果たした。

 工学院大学のソーラーチームは、2009年に設立。国内最大規模の197名(2016年8月現在)の学生部員を、15 名の教員がサポートしている。チームには、総合企画班、広報班、財務班、技術班、キャンプ班などを設定し、企画運営からスポンサー集め、車両の意匠から設計・制作、レース当日の炊事や運営まで、レースにまつわる全工程を学生が担っている。

 8月に行われたレースは3日間で計25時間を走行する長距離耐久レースで、各チームがその総走行距離を競い合った。当日のファーストドライバーは、チーム初の女性ドライバー、石川はるかさん(工学部機械工学科2年)。2日目にはパンクなどのハプニングに見舞われながらもチームプレーで乗り切り、11 年ぶりとなる大会新記録で優勝した。

 チームは、2017年にオーストラリアで行われる世界大会へも参戦予定。入念な準備を進めている。


記事画像
ソーラーカー3号機「OWL( アウル)」。2015年の世界大会で走行した車両を、国内大会用に調整して使用した。

この記事は「螢雪時代(2016年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“工学院大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中