page_top

生涯学習の防災講座で、学生がファシリテーターに

神戸学院大学

  • 2016.10.12

 神戸学院大学は、大阪市生涯学習まちづくり市民大学いちょうカレッジ「いのちを守る防災コース」の講座(全5回)を市民向けに実施した。

 最終回では、現代社会学部の前林清和教授が「若者と考える防災」というテーマでワークショップ形式の講義を実施。ファシリテーターとして、防災・社会貢献ユニットの岡本愛美さん、現代社会学部社会防災学科の岡本大二さん(3年生)、水谷收希さん(3年生)と同学部の前田実習助手も参加した。

 講義ではまず、行政の手が回らない避難所の場合、避難者自身がその役割を担う必要が出てくることが解説された。この避難所運営の方法を学ぶべく、受講者は4班に分かれて、避難所運営ゲーム(HUG)という、ゲーム感覚で避難所運営を模擬体験できる図上訓練を行った。これは、「妊娠中の妻がいる男性」「旅行中の女性外国人」「救援物資到着」「ボランティアの受け入れ」などと書かれた約150枚のカードを避難者の事情やイベント内容に合わせて振り分け、対応するというものだ。

 参加した学生は、「受講者のみなさんが自然と連携をはかりながら取り組んでくださったことで、とても活気あるワークショップをすることができました」と、講義の成果への実感を述べた。

記事画像
チーム全員で避難所の地図を囲みながら、振り分けを進める

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“神戸学院大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中