page_top

地域の子どもたちとふれ合う 「あつまれわんぱく隊」

中部大学

  • 2016.10.11

 子どもの個性化や家庭環境の多様化といった課題に対応すべく、1997年度、当時の文部省が全国の教員養成系大学に推奨してきたフレンドシップ事業。この一環として、中部大学では「あつまれわんぱく隊」を2008年に立ち上げ、教師・保育者をめざす学生たちが地域の子どもたちとレクリエーションなどを行う活動を続けてきた。

 現在、「あつまれわんぱく隊」に参加する子どもは、年長から小学校3年生までの約65名。これに対し、約120 名の学生が、田んぼ班、畑班、レクリエーション班、科学班の4グループに分かれ、子どもたちの成長過程をふまえながら、農業やツリークライミングなどの自然体験、科学体験、レクリエーション活動などを主体的に企画・運営している。活動は年間7回で、発達支援の必要な小学生には、特別支援教育専門の大学教員と特別支援学校教員をめざす学生ボランティアが個別で対応にあたる。

 今年度は、さつまいも植え、田植え、稲刈り、科学体験にハロウィンなど、多様なイベントを実施しながら、12 月のクリスマス会をもって終了する予定。学生たちにとっては、学部で学ぶ教科教育などの授業とは違った、子どもたちとの触れ合い方を学ぶ貴重な機会となっている。

記事画像
10月に自分たちで植えた稲を収穫し、12月には収穫した米で料理をする予定。

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“中部大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中