page_top

映像学科学生の制作映画が、ぴあ主催の映画祭に入選

東北芸術工科大学

  • 2016.10.6

 東北芸術工科大学映像学科の学生が制作した映画が、「ぴあフィルムフェスティバル2016」に入選した。

 このたび入選を果たしたのは、前田哲准教授のゼミに所属する鈴木竜也さん(映像学科4年)が制作した、『バット、フロム、トゥモロー』という作品。東北芸術工科大生の同映画祭への入選は、2014年準グランプリに輝いた冨永太郎さん(映像学科)に続き、2人目となる。

 作品のテーマは、「金と性と人生」。大学生の主人公が、テストのカンニングを摘発されたことから、社会的、金銭的に転落していく姿や、周囲の若者たちの冷え切った目線などを俯瞰的に描写。事前に書き上げていた長編シナリオをもとに、作品の4分の1は授業の一環として、4分の3は自主制作として制作された。

 入選を受け、鈴木さんは、「まだ実感がわかないが、このような個人的な作品を真剣に見ていただき、評価してもらったことがとてもうれしい。今後は、特に若い人に見ていただき、さまざまな人物に感情移入して、いろいろな感想をもってほしい」とコメントしている。

「ぴあフィルムフェスティバル2016」の入選作品は、9月より、東京、京都、神戸、名古屋、福岡と全国を横断して上映される。

記事画像
入選作品『バット、フロム、トゥモロー』の一幕

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“東北芸術工科大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中