page_top

ドローンによる夜間の害虫駆除実験に成功

佐賀大学

  • [2016/8/29]

 佐賀大学は、佐賀県と株式会社オプティムとともに、ドローンを農業に活用する技術開発を進めている。この3者はこのほど、夜間にドローンを飛行させ、害虫を駆除する実証実験に成功。圃場上空を旋回するドローンにつり下げた光源が虫を誘い出し、薬剤を使わずに高電圧で殺虫するもので、甲虫やウンカなど夜行性害虫への効果が期待される。「自動飛行で寝ている間に害虫駆除」を理想に、実用化に向けた研究を進める。

 3者は2015年8月にIT(情報技術)と農業を結びつける研究とその人材育成で連携協定を締結。 「佐賀からITを使って実現する 楽しく、かっこよく、稼げる農業」をコンセプトに、農業生産者や消費者に役立つ技術開発を進めてきた。

 ドローンを利用して薬剤を使わずに害虫を駆除する方法が確立できれば、これまで高いコストのかかっていた無農薬・減農薬栽培の作物を、低価格で生産することができる。

 将来的には、自動飛行と充電を繰り返す“無人化”も検討している。農業とITという一見離れたように見える技術を統合し、佐賀県から農業革命を起こそうとする取り組みだ。



この記事は「螢雪時代(2016年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“佐賀大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中