page_top

大学図書館を盛り上げる学生サポーターが活躍中

愛知大学

  • 2016.9.29

 愛知大学名古屋キャンパスの図書館には、学生サポーターがいる。「図書館をより学生に親しみやすく」をキャッチ・フレーズとし活動するピア・サポート・グループ「トッポ」だ。「トッポ」の活動は幅広い。学生自身が今興味のあることをテーマに本を選んで展示する「学生企画展示」、図書館に置きたい本を学生自らが書店で選ぶ「選書ツアー」などだ。

 「ブックパーティ」というイベントでは、学生が好きな本を1冊持参し、その本の魅力を紹介し合う。ブックパーティは、他の大学の学生との交流の場として開催されることもあり、本を身近に感じてもらうとともに、人と人とが出逢い、つながることのできる図書館をめざしている。

 また、「読書マラソン」は学内の売店が読書活動を推進するために開催する企画で、学生は読書感想文を書くことにより売店で利用できる割引券をもらうことができる。「トッポ」は、この「読書マラソン」と図書館とをつなぎ、図書館内で読書感想文とともに、紹介された本の企画展示を行う。学内の売店、図書館とのコラボ企画であり、「読書マラソン」のよきPR 活動となっているという。

記事画像
サークル営業委員長は愛知大学名古屋図書館サポーターのマスコット「トッポくん」。

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“愛知大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中