page_top

開設10周年のこども発達学科、ボランティア活動を積極展開

札幌学院大学

  • 2016.9.28

 札幌学院大学のこども発達学科が、今年で開設10周年を迎えた。

 同学科は、2006年に小学校教諭一種免許状が取得できる学科としてスタート。2014年からは保育士資格が取得可能となり、卒業生、在学生は合わせて500名を超えた。江別市や栗山町などで構成される「学生地域定着推進広域連携協議会」に参加するほか、教育委員会や地区センターなどとも連携。「在学中に、実際の現場を理解し、現場から学ぶこと」を基本方針に、小学校での授業サポートや託児ボランティアなどの活動に、定期的に学生を派遣している。

 7月に栗山町児童センターで行われたボランティア活動には、1年生の学生4名が参加。ゲームやボール遊びを通して、子どもと触れあった。

 また、9月27日には同施設にて、子どもに科学の不思議さやおもしろさを伝える「科学遊び」を開催予定。紙きれを材料にした「紙コプター」づくり、段ボール箱を使った「空気砲」づくりなど、身の回りにあるもので簡単にできる実験を行うという。

 同学科では、今後もさまざまな施設と連携しながら、ボランティア活動を積極的に展開していく。

記事画像
子どもたちに遊戯を披露する学生たち

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“札幌学院大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中