page_top

学生と企業が共同でお菓子を開発・発売

横浜市立大学

  • 2016.9.27

 横浜市立大学で歴史やまちづくりを学ぶゼミの学生が、“ お菓子を通じて横浜の歴史・文化を継承する”を企業理念に掲げる株式会社三陽物産と共同で、「社会に役立つお菓子をつくろう」プロジェクトを展開している。

 同企画では、これまで、学生と企業がさまざまな視点から議論を重ね、6つの商品企画を提案してきた。このたび発売されたのは、「ヨコハマのカモヘイ マシュマロ」。商品キャラクターである「カモヘイ」は、横浜ゆかりの童謡「カモメの水兵さん」をモチーフに、“ゆるさ” をテーマにデザイン。童謡とお菓子を結びつけることで世代間交流を図り、横浜の魅力を普及することをねらいとした。

 また、パッケージには、日本の貴重な歴史的財産のひとつで、国際都市横浜のシンボル「帆船日本丸」をあしらった。売り上げの一部は、その保全活動支援の一環として、「財団法人 帆船日本丸」へ寄付される。

 商品は、パティスリーMONTEROSA 横浜本店をはじめ、デパートやコンビニなど、横浜市内を中心に販売されている。「社会に役立つお菓子をつくろう」プロジェクトでは、このほかにも、来年度までに3つの企画の商品化が決定しており、今後は、販売促進のアイデアなども学生から募っていくという。

記事画像
「ヨコハマのカモヘイ マシュマロ」8個入り600円(税別)。中にはチョコレートが入っている

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“横浜市立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中