page_top

施設の混雑状況を伝えるサービスを開始

九州大学

  • 2016.9.26

 キャンパスの施設の混雑状況と今後の混雑予測を知らせるシステム「K-now(ノウ)」を開発し、サービスを開始した。これは、学生食堂やバス停、大学の施設といった主要地点の過去30分の混雑状況と60分先の混雑予測をグラフ化して知らせてくれるもの。学生はスマートフォンやパソコンから「K-now」にアクセスして混雑状況を確認できる。

 「K-now」は、九州大学基幹教育院の島田敬士准教授と株式会社アドインテが共同で開発したもの。株式会社アドインテが開発したAIBeaconというセンサを使用し、これに電波接触した無線機器(スマートフォンやパソコンなど)を計数することでセンサ周辺の混雑状況を推定する。また同時に、過去の混雑状況のデータを活用して、今後の混雑予測も行う仕組みになっている。

 今後は、システムが推定する混雑レベルとユーザが感じる混雑レベルに差があるため、それを埋めるためのログ分析を行い混雑状況の推定精度を高めていくという。また、より混雑予測の性能を高めるために、学内の関連プロジェクトとも連携して改良を重ねていくとのことだ。

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

学校ニュース 記事一覧

“九州大学”の関連記事一覧