page_top

工学部学生が商店街に、高校生向け学習室を設置

茨城大学

  • [2016/9/16]

 茨城大学工学部の学生が、「都市システム設計演習Ⅰ」の授業の一環として、日立駅前商店街の空き店舗を利用した高校生向けの学習室・フリースペース、「モルすく」を開設した。「 都市システム設計演習Ⅰ」は、工学部の演習授業。都市計画や活性化方策案の検討・提案を行うだけでなく、3年前からは、実際に計画を実行する「実践班」を組織。この実践班が最初に企画したのが、「大学生が勉強のわからないところを教える」サービスを付加した無料学習室だ。

 この試みは好評で、バージョンアップを重ねながら毎年継続されてきた。今回設置された「モルすく」も、多くの高校生に加え、小学生も利用。勉強に取り組むほか、大学生と会話や進路相談を交わす場面もあり、年代を超えた交流が生まれたという。

 このように、茨城大学では地域連携や高大連携の活動を重視しており、茨城県内の高等教育機関の関係を深め、連携・協働して地域振興・発展に寄与することを目的とした「いばらき地域づくり大学・高専コンソーシアム」にも参加。今後もこうしたネットワークを生かし、地域創生活動を展開していく予定だ。

記事画像
茨城大学のこの取り組みは、商店街活性化への効果も期待されている

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“茨城大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中