page_top

交通安全意識向上を図るセーフティラリーを開催

北海道科学大学

  • [2016/8/30]

 北海道科学大学が、チームごとに無事故・無違反を競う、「100 日間セーフティラリー」を開催した。

 「100日間セーフティラリー」とは、学生および教職員が3~5名でチームをつくり、期間中の無事故・無違反をめざす取り組み。交通安全意識向上をめざして1994年から開催されており、昨年は、チームでは85.7%、個人では96.0%の無事故・無違反を達成している。

 今年度は、6月6日から9月13日までの期間で実施され、153 チーム(570名)が参加。事故や違反があったチームは失格となり、期間中の無事故・無違反を達成したチームには、記念品が贈呈される。

 6月には開会式が実施され、主催者を代表して協学会委員長の藤田拓史さん(情報工学科3年)と三田村学生支援センター長が挨拶。その後、嘉門正太さん(都市環境学科3年)が参加者を代表して交通安全宣言を行った。また、来賓として北海道札幌方面手稲警察署交通第一課北海道警部の秋山文博課長が参加。講演を行い、運転の心構えやアドバイスが伝えられた。手稲警察署による講演は、閉会式でも行われる予定。

記事画像
交通安全宣言を行う嘉門正太さん

この記事は「螢雪時代(2016年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“北海道科学大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中