page_top

岡大農場出身「千屋牛」 百貨店で販売を開始

岡山大学

  • [2016/8/22]

 岡山大学 農学部の津高牧場で生まれたウシが、「岡大農場出身『千屋牛(ちやぎゅう)』」として、岡山県内の百貨店、天満屋岡山店で販売が始まった。これから継続的に毎月1頭程度、販売される予定だ。

 津高牧場は地域特産である「千屋牛」の振興に寄与することを目的に1978年に開設された。25年間に渡って、外部からウシを導入することなくウシを交配させ、現在は約70頭のウシを飼育している。津高牧場は岡山大学の学生だけでなく、中国・四国地方の大学の学生が実習で利用しているとのことだ。

 今回「岡大農場出身『千屋牛』」として販売されることになったのは、津高牧場で8~9 か月飼育され、新見市にある哲多和牛牧場で20~22か月肥育されたウシ。おからやエリンギの培地、県内もみ米等の発酵飼料を与えるなど、飼育方法にこだわり、「千屋牛」の定義を満たした和牛だ。

 環境生命科学研究科の舟橋弘晃教授は「地域特産の『千屋牛』の振興に寄与し、さらに、岡山大学や『岡大農場』の更なるブランドイメージ向上を目指したい」と話す。



この記事は「螢雪時代(2016年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“岡山大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中