page_top

サロンで交流し認知症を予防。「地域研究プロジェクト」

日本福祉大学

  • [2016/8/1]

 学生が主体的に地域課題に取り組む「地域研究プロジェクト」の一環として、日本福祉大学の社会福祉学部で認知症プロジェクト(担当:斉藤雅茂准教授)が実施されている。

 この認知症プロジェクトは認知症の啓発を目的とし、今期は「サロン企画班」「ヤングケアラー調査班」「啓発ツール開発班」などに分かれてさまざまな活動に取り組んでいる。

 「サロン班」は、知多市の南粕谷ハウスと常滑市の多屋公民館で、認知症の予防と啓発を兼ねた活動を実施。ここでは、ただ認知症について知ってもらうだけでなく、学生が考えたレクリエーションをいっしょに楽しんでもらった。プロジェクトでの先行研究を通して、「人との交流」が認知症予防に効果があるのではないかと考えられたためだ。

 サロン班のリーダー野崎涼さん(3年)は、「『地域研究プロジェクト』は、自分たちが課題解決に向けたアイデアを出し、実践するという経験ができる。企画力や創造力を身につける機会になったので、これから身近な課題解決にも活かしていきたい。クリエイティブな力は社会から求められているので、ぜひ後輩の皆さんも履修してほしい」と語る。


記事画像
サロンで高齢者と交流する学生たち。世代間交流の場ともなっている

この記事は「螢雪時代(2016年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“日本福祉大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中