page_top

地域観光振興に韓国商品のショップをオープン

広島文化学園大学

  • [2016/7/11]

 広島文化学園大学 社会情報学部 グローバルビジネス学科の学生が中心となって、お土産ショップ内に韓国商品コーナーをオープンした。オープンしたのは呉市下蒲刈町の観光施設に隣接するショップのなかで、この店舗を運営するNPO法人の協力で実現した。下蒲刈町は、江戸時代に朝鮮通信使が寄港した島として有名だが、近年は観光客の増加に伸び悩んでいる。どうすれば観光客を呼び込めるかを考え、今回のプロジェクトが企画されたのだという。

 このプロジェクトの中心になったのは、昨年末、韓国ソウルでの海外ビジネス研修に参加した学生たち。研修ではソウルの南大門・東大門市場、明洞、韓国貿易センターなどを訪れた。見学に留まらず、日本で売れそうな商品の買い付けを行ったとのことで、このときの学びが今回のプロジェクトにも生かされている。

 プロジェクトの代表で4年生の岩崎誠太さんは「韓国の雰囲気を味わって楽しんでもらえたら嬉しいです」と語っている。


この記事は「螢雪時代(2016年7月号)」より転載いたしました。


この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“広島文化学園大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中