page_top

プロ野球を盛り上げる戦略を学生たちが調査・提案

関西大学

  • [2016/7/8]

 関西大学の学生が、プロ野球チームオリックス・バファローズ二軍公式戦の観客動向調査を開始した。

 今回の調査に参加するのは、総合情報学部徳山美津恵教授のゼミに参加する学生たち22名。学生たちは「ベースボールマーケティング基礎」の講義を受けたり、野球場調査に関する基礎知識の習得や、マーケティングの視点を養うために、オリックス・バファローズ公式戦を観戦したりした。

 この調査は、2013年度からオリックス・バファローズからの打診によって開始され、市民球場での試合実施と告知の効果測定や、学生視点での分析と提案を目的として行われている。試合観戦を行ったあとは、観客動向調査を実施し、調査結果を分析。そして、調査から得られたデータをもとに、学生たち自身でプロ野球観戦を盛り上げるための戦略を立案していく。

 この取り組みは半年間にわたり行われ、最終的には球団関係者や地元自治体関係者への分析結果報告および戦略提案プレゼンテーションが行われる予定だ。関西大学の学生たちが立案した企画が、いつかプロ野球に旋風を巻き起こすかもしれない。


記事画像
公式戦で観客動向調査を実施する学生たち(写真は2013年のもの)。今年もここから革新的な戦略を生み出せるか?

この記事は「螢雪時代(2016年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“関西大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中