page_top

大学美術館を開設。図書館棟などに作品展示

福岡女子大学

  • [2016/7/4]

 大学美術館がキャンパス内に開館した。研究棟・図書館棟、地域連携センターの施設内の空間や壁などを利用して美術作品を展示し、そのスペース全体を「福岡女子大学美術館」として、美術作品を学内外に公開。学生や大学の教職員、地域の人々が集まり、芸術鑑賞をとおして、知性や感性を磨く場、活発なコミュニケーションを行う場を目指して整備が進められている。

 所蔵作品は、福岡市に生まれ20世紀にアメリカで活躍した許山孝一氏の絵画のほか、JR博多駅博多口の「博多節舞姿」など多数の作品を残した彫刻家・安永良徳氏の彫刻作品、博多港引揚記念碑「那の津往還」の制作者である彫刻家・豊福知徳氏の彫刻作品など。現在、随時展示を進めているという。

 図書とアートの融合という、ユニークな取り組みとも言える。コミュニケーションの場として、学内外の多くの人に活用してもらえるようにミーティング室や、子育て中の女性たちのためにキッズルームなども併設されている。


この記事は「螢雪時代(2016年7月号)」より転載いたしました。


この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福岡女子大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中