page_top

デンタルチャートをデジタル化。身元確認を迅速に

広島大学

  • [2016/7/1]

  広島大学医学部医学科(救急集中治療医学)は、災害時などで遺体の歯の治療痕や特徴から、身元を確認するために利用されるデンタルチャートをデジタル化することに成功した。

 従来は個々の病院が患者情報を保有しているため、照合を行う作業に時間がかかり、また、紙に書いたものをコンピュータに手入力していたため、さらなる手間や入力ミスがおきていた。今回、広島大学のチームが広島県警察歯科医会、他大学や企業と共同して開発したこのシステムでは、デンタルチャート作成、口腔内写真、レントゲン写真の取り込みから鑑定報告書作成までをパッケージ化。専用のペンで入力することで、リアルタイムでデータをデジタル化することが可能になったのだ。これにより、遠隔地の歯科医でもチャートの確認ができるようになった。

 また今後、個々の病院が保有している情報が集約されていけば、ネットワーク上でも照合することができるようになるという。災害は、いつどのような規模のものが起こるか予想できない。このような、もしものときに備えるシステムの構築も必要不可欠だ。


この記事は「螢雪時代(2016年7月号)」より転載いたしました。


この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“広島大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中