page_top

建造物に虹をかけて北九州を明るく幸せに!

西日本工業大学

  • [2016/6/1]

 「虹の橋」を北九州の名所や歴史的建造物にかける取り組みを学生たちが行っている。これは同大地域連携センターの「にじのはしプロジェクト」によるもの。地域の観光資源の価値を見直す機会を作り出そうと、デザイン学部の梶谷克彦助教が発案。北九州の街のイメージをより良くしようと、見た人たちが明るく幸せな気持ちになる虹をかけるプロジェクトが始まった。

 虹の橋は、ウォータースクリーンに虹を出現させる技術を工学部の知識を活用して実現。虹をより美しく見せるための演出方法には、デザイン学部のノウハウを活用。高圧洗浄などに使われる散水機で水を噴出し、太陽の光を空気中の水滴により屈折・分光させて虹をつくる。

 昨年は、 旧東京製綱事務所棟、若戸大橋、リバーウォーク九州、メディアドーム、小倉城など北九州の名所のほか、さまざまな場所で虹の橋をかけきた。
 その様子はhttps://www.facebook.com/DRPRJ/で公開されている。




この記事は「螢雪時代(2016年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“西日本工業大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中