page_top

地元地域の創成のため銀行と連携協定

久留米大学

  • [2016/5/27]

 株式会社筑邦銀行、株式会社三井住友銀行と教育・研究事業に関する包括的な連携協定を締結した。これにより、銀行のネットワーク融合と大学の知を生かした活力ある地域づくりに取り組み、久留米・筑後地域における地方創生を加速させる。

 今後、人材育成や地域企業の研究開発ニーズ等の紹介支援などで連携を行う。具体的には、地域の課題解決をテーマにした講座の開設が予定されている。そこでは、両行の役員などが講師として派遣される。地方銀行とメガバンクと学校法人による、こうした連携は全国初の試みだという。学生にとっては、経済の最前線で活躍する社会人から学べる貴重な機会にもなる。大学と企業による地域創生の取り組みとして注目だ。




この記事は「螢雪時代(2016年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“久留米大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中