page_top

学生運営のコミュニティカフェ「麻生キッチンりあん」が移転

藤女子大学

  • [2016/5/27]

 藤女子大学が麻生商店街振興組合との協働事業として運営する「麻生キッチンりあん」が、3 月にリニューアル移転した。新店舗のシャッターは、食物栄養学科2年生の伊藤ゆりかさんが担当。商店街の協力のもと、子どもたちと一緒にデザインした。

 同店は、学生の「子どもの居場所づくり」を進めたいというアイデアをきっかけに、2013年にオープンした麻生地域のコミュニティカフェ。昼はさまざまな団体が日替わりで運営し、ランチやコーヒーなどの提供を行っている。また、夜や空き時間にはNPO法人カコタムによる「ひとり親家庭の子どもたちへの学習支援」や、商店街主催の「まちの教室」などが行われ、利用者は地域の子どもをはじめ、高齢者、主婦など幅広い。

 藤女子大学の学生が日替わりシェフを務めて食事提供を行う「藤麻人(とまんと)」は、月曜に開店。また、水・土曜に行われるカコタムの「へるすたでぃ」では、学生とNPO が連携して、学習支援や食育活動を実施。共食の機会を増やし、「食の楽しさ、大切さ」を伝えるために活動している。

 新店舗移転後も同様の活動は継続され、今後は新たに「こども食堂」の開設も予定しているという。


記事画像
「麻生キッチンりあん」店舗外観の様子

この記事は「螢雪時代(2016年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“藤女子大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中