page_top

多言語対応! 2種類の観光アプリを開発

高知工科大学

  • [2016/5/26]

 高知工科大学情報学群の3年生7人が、高知市の魅力ある観光情報を外国人観光客に発信しようと、2種類のアプリを開発した。日本語のほか、英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)に対応、ともに4 月から配信が始まっている。

 1つ目のアプリ「YOSANAVI(よさナビ)」は、高知よさこい情報交流館の中を案内するもので、館内地図や写真、位置等を詳しく紹介する。アンケート機能も搭載しており、アプリの品質の向上に役立てる工夫もされている。

 2つ目のアプリ「CHUrism(チュウリズム)」は市内のホテル・旅館、観光施設や飲食店などの情報を、地図上に表示することができる。この「CHUrism」を搭載したタブレット端末を、ホテルや旅館などに貸し出し、情報発信に役立てていく予定だという。

 開発メンバーの情報学群3年の藤田 寛泰さんは、「私達の開発したアプリが、高知市の観光を盛り上げることに少しでも貢献できたら幸いです」と語る。海外から訪れる観光客にとって、大きな助けとなりそうだ。




この記事は「螢雪時代(2016年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“高知工科大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中