page_top

大学の地下水を使用したお茶「やさ茶」の販売をスタート

岐阜大学

  • [2016/5/19]

 岐阜大学では、「のみやすい」に利用されている大学の深井戸地下水を利用したお茶、「やさ茶」の販売を開始した。

 この「やさ茶」は、工学部、教育学部、応用生物科学部、地域科学部の学生グループが主体となり、地域の企業・農業組合・金融機関と連携することによって考案・開発されたもの。学生たちが、茶葉の選定からお茶の味わい、パッケージデザインまで約1年半もの間、試行錯誤をくり返し商品化に至った。

 もともとは、岐阜大学の深井戸地下水をパッケージした飲料水「のみやすい」のPRプロジェクトとしてスタートした企画だったが、学生たちが地元のお茶の産地である白川町を訪れたり、茶園や茶葉の加工工場を見学したりとお茶づくりを学ぶうちに、白川茶をアピールするという構想が加わった。

 白川町の茶葉生産農家では、次の世代の担い手の確保といった課題に直面している。こうした地域課題を解決する糸口として、若い世代への白川茶への関心を広げたいという思いが込められた「やさ茶」。プロジェクトの今後に注目したい。


記事画像
「やさ茶」と深井戸地下水「のみやすい」は、岐阜大学生協で購入することができる。

この記事は「螢雪時代(2016年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“岐阜大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中