page_top

ストレスに強い脳をつくるタンパク質を発見

山口大学

  • [2016/5/16]

 山口大学の大学院医学系研究科の研究グループは、ストレスに強い脳と弱い脳の仕組みを、マウスを用いた実験で解明。ストレスによって起こるうつ病の仕組みの解明・治療の可能性に近づいた。

 実験では、遺伝子背景の異なる2種類のマウスに6週間慢性的にストレスをかけ、うつや不安行動を測定。一方のマウスは不安・うつ様行動が増加し、もう一方には変化がなかった。そこで両者の脳内の遺伝子を測定したところ、ストレスに弱いマウスでは「サーチュイン遺伝子( 以下、SIRT1)」と呼ばれる抗老化遺伝子が減少、強いマウスでは変化がないことを確認した。また、SIRT1 の機能を高める薬を投与したところ、ストレスへの抵抗性が上がったという。

 この結果は、ストレスによって引き起こされるうつ病などの精神疾患の治療薬の開発に役立つ可能性を示している。今後の研究が注目される。




この記事は「螢雪時代(2016年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“山口大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中