page_top

受け継がれるボランティアのこころ

北海学園大学

  • [2016/4/18]

 北海学園大学では、2011年10月から石巻で始まった学生たちによるボランティア活動が、東日本大震災から5年経った現在も続けられている。

 同大学の人文学部岩崎ゼミと米坂ゼミの学生が中心となり、これまで21回にわたり石巻に行き、様々なボランティア活動を実施した。震災直後から始まった活動は、泥掻きやゴミ拾い等の地域清掃や、震災により遊ぶ場所や友達を失った子供たちと遊ぶ活動、さらには地域で行われる慰霊祭等の行事の手伝いなど、その時々の状況により求められる活動を行ってきた。2015年秋には、石巻市郊外にある雄勝仮設住宅を訪問したり、学生たちと遊ぶことを心待ちにしている子供たちを訪問したり、また地域のお年寄りが集まるデイサービス等で活動した。

 ボランティア活動に参加した学生たちは、大学生としてボランティア活動ができることがなにより嬉しいと語っている。こうした活動のバトンは多くの学生にこれからも引き継がれるという。


記事画像
仮設住宅を訪問し、住民の話を聞く学生たち

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“北海学園大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中