page_top

オリジナルワイン「十六房の葡萄 土産幸」が完成、商品化して販売

北星学園大学

  • [2016/2/26]

 北星学園大学経済学部の西脇隆二教授のゼミでは、2009年からオリジナルワインプロジェクトを開始。毎年異なるコンセプトで、ブドウの栽培から収穫まで携わり、北海道ワイン(株)と共同でワインを作っている。

 マーケティングを実践的に学ぶ西脇ゼミでは、北海道がワイン用のブドウの生産量で日本一の産地であることから、地域資源を有効に活用するためワインに取り組むことになったもの。2015年度は「アジアとの友好」をテーマに、ゼミ生たちは「大切な人にありがとうと幸せを届けるワイン」をコンセプトとした。
 このコンセプトを表現するネーミングとして「十六房の葡萄 土産幸(どさんこう)」が選ばれた。ブドウは浦臼町の鶴沼ワイナリーにある大学専用の区画で9月に収穫されたものを使用。また、ゼミ生は台湾の台北市を訪れて市場調査を行い、台湾人の好みに合うようなネーミングやラベルデザインも研究したという。

 プロジェクトに参加するゼミ生は3年生で終了すると就職活動が始まるが、西脇教授は「プロジェクトを通して、ビジネスの流れを社会人と協働しながら体験することは他の業種への理解に役立つため、自信を持って就活に臨んでほしい」と語る。
 ワインはロゼと白のセットで販売数は250セット。ラベルは海外の人にも喜ばれる和風のデザインとなっている。


記事画像

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“北星学園大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中