page_top

背の高い木では、葉の貯水組織が貯水タンクの役割を果たす!

神戸大学

  • [2016/2/26]

 神戸大学大学院農学研究科の石井弘明准教授と、同博士後期課程の東若菜さんらの研究グループは、樹高世界一のセコイアメスギの葉に存在する貯水組織が、樹高日本一の秋田スギにも同様に存在することを発見した。これまで、根から吸収した水分を木の先端まで運ぶには輸送距離が長いため、木の最上部付近では水分不足になると考えられていた。

 樹高の高い木はその最上部までどのように水分を供給しているかを研究するため、石井准教授たちは、ロープを使ってセコイアメスギに登り、さまざまな高さの葉を採取。その調査の結果、高い位置の葉ほど根から水を吸い上げる通水組織が少なくなる一方、水分を貯める貯水組織の割合が多くなることを発見した。高さ100mを超えるセコイアの最上部では、葉の表面から吸収した雨や霧などの水分を貯めて利用していると考えられる。
 また、秋田スギにも同様の組織があるかどうかを調査した。樹上で採取した葉を液体窒素で瞬間冷凍して電子顕微鏡で観察し、夜間に水を含み膨らんだ貯水組織の細胞が日中は収縮している様子を撮影。セコイアメスギと同様の貯水機能があることを確認した。

 これら背の高い木の種類では、葉の貯水組織が高層マンションの貯水タンクのような役割を果たし、日中、水分不足になりやすい最上部での光合成などの生理機能維持に寄与していると考えられている。



この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“神戸大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中