page_top

植物を支える「共生ネットワーク」は地上と地下では構造が異なる

京都大学

  • [2016/2/22]

 京都大学大学院人間・環境学研究科の東樹宏和助教を中心とする国際共同研究チームは、植物が動物や真菌類(キノコ・カビ類)とともに構成する「共生関係のネットワーク」に着目し、植物をとりまく共生ネットワークの構造が地上と地下で根本的に異なっていることを発見した。

 研究グループは、DNA情報に基づいて生物の名前を特定する「DNAバーコーディング」という技術を用い、得られたデータをもとに、植物とその根に共生するキノコ・カビ類で構成される「共生ネットワーク」の構造を解明した。この地下での植物と真菌類のネットワークを、これまで研究されてきた地上の植物と動物のネットワークと比較したところ、両者の基本構造に根本的な違いのあることが判明したという。

 今回の研究成果は、生態系内の植物とその共生者たちとの関係性に関して、地上と地下ではその動態が異なっていることを示唆している。また、土の中の生物圏の構造を網羅的に明らかにするこの研究の手法は、土壌を対象とする応用科学分野に新たな視点を提供するものとして期待されている。



この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“京都大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中