page_top

商店街活性化に店舗利用の新アイディア

公立鳥取環境大学

  • [2016/2/15]

 経営学部 倉持ゼミの学生が、商店街の活性化の調査研究事業の一環として、新たな取り組みを実践している。空き店舗へ出店する人に情報を届けるため、店舗情報を「店舗の窓に直接書き込む」というものだ。

 商店街の活性化に向けた課題として、空き店舗が埋まらず賑わいを作り出せていない、そして出店したいと考えている人がいるにも関わらず情報が届いていない、という問題があった。そこで学生達は、この課題の改善につながるアイディアを検討。商店街の再生に興味のあるメンバーが中心となり発案されたのが、店舗の窓に直接、店舗情報を書き込むというアイディア。店舗情報を人目に触れさせることで利用につなげることが狙いだ。

 10月に行われた書き込み作業では、通行する人が関心を寄せていたという。今後、他の店舗でも情報を書き込み、反応を見ていきたいとのこと。





この記事は「螢雪時代(2016年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“公立鳥取環境大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中