page_top

「ものづくり、鉄の街」で、開発第3弾のダッチオーブンを製作

室蘭工業大学

  • [2016/2/5]

 室蘭工業大学では、同大学ものづくり基盤センター長を務める清水一道教授が企画・設計したダッチオーブンが同大学生協で販売されている。製造元は岩見沢鋳物(株)で、価格は9900円(税込み)。販売当初は10個限定だったが、すぐに売り切れとなり、30個が追加生産された。

 室蘭は「ものづくり、鉄の街」として知られ、地域貢献を積極的に進めている同大学では金属・鉄に関連した商品の第1弾としてジンギスカン鍋を開発・販売した。この鍋の評価が高く、第2弾パエリア鍋の製作に続いて「アウトドアで使用する鍋状の製品がほしい」という要望により、第3弾のダッチオーブンが作られた。

 ダッチオーブンは直径25cm、深さ7cm、重量6.5kg(蓋含む)。鍋中央と底に大学のロゴがあしらわれ、屋内でも使用(IH調理器対応)できるもの。素材は鋳鉄で、鉄が型を流れる過程で流れやすくするために接種材としてレアアースを添加し、軽い仕上がりとなっているのが製品の特徴。清水教授は「このレアアースの最適な量を決めるために大学で研究してきた」と語る。



記事画像

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“室蘭工業大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中