page_top

センター試験 英語リスニングの大問別解法講座解法習得編

[キーワード]をキャッチ

[キーワード周辺]を再確認

第3問 B
第3問Bは問17から問19までの3問です。長めの対話を一つ聞き,問17から問19の答えとして最も適切なものを,四つの選択肢 ( ① 〜 ④ ) のうちから一つずつ選びなさい。
対話の場面
姉と弟がカタログを見ながら,どの犬を飼いたいのかを話しています。

Q3-17

問17 What kind of dog does the man refer to first in the conversation?

A large dog
A medium-sized dog
A small dog
A tiny dog

問18 Which dog does the woman want?

Border Collie
Labrador Retriever
Miniature Pinscher
Pekingese

問19 Which characteristic does the man want his dog to have?

Clever and intelligent
Active and aggressive
Calm and quiet
Friendly and peaceful

第1問の延長にすぎない!
各設問のキーワードを焦らず待つ

長い会話を聞いて3題の設問に解答する問題であるが,苦手意識をもつ受験生が多い。しかし,第3問Bは,こうした受験生が思うほど難しい問題ではない。なぜなら,この問題の基本デザインは,第1問の延長線上にあるからだ。つまり,正解を得るために受験生が意識すべきは,①設問ごとのキーワードを頭に入れ,②ファーストリスニングで確実にキーワードをとらえ,③セカンドリスニングで(設問に関係する)周辺の情報を再確認する,という流れである。
 第3問Bは,第2問のように「全体の流れ」を追うのではなく,徹底してキーワードにこだわる姿勢を,明確に整えなければならない。1つのキーワードが現れたすぐ後に次のキーワードが現れる印象が強く,「焦り」を招きやすいだけに,それなりの「リスニングスタミナ」が要求される。
 この必要不可欠なスタミナを養うためには,練習量もさることながら,一度解いた問題を使ってのシミュレーションを繰り返すことが重要になる。長さを恐れず,「キーワードとその周辺」に焦点を絞ったイメージトレーニングを積み重ねよう。

解法のポイント
●すべての設問は<キーワード+周辺>から正解を導く第1問型!
●イメージトレーニングを繰り返し,待ち受け態勢を整える!