page_top

学長メッセージ「薬学部の魅力って何?」

  • 【学部リサーチ 2015】 医・歯・薬学部系統
  • [2015/4/1]

広がる薬剤師と薬系人材のフィールド。
高度医療、在宅医療、医薬品研究開発や行政など幅広い分野で社会貢献

《公立》岐阜薬科大学 学長
勝野眞吾(かつの しんご)先生

1944年愛知県生まれ。岐阜薬科大学卒業、大阪大学薬学研究科博士課程修了・薬学博士。兵庫教育大学教授・副学長を経て2009年より現職。専門は疫学・健康教育学。著書に『世界の薬物乱用防止教育』、『学校で取り組む薬物乱用防止教育』。所属学会は、日本薬学会、日本学校保健学会、日本アルコール・薬物学会。大学基準協会副会長、文部科学省薬学系人材養成の在り方検討委員会委員など。

大きく広がる薬学部出身者の役割

 薬剤師の役割が変わりつつあります。高度医療に対応して、これまで以上に病院での仕事に高い専門性が求められるようになっています。一方、セルフ・メディケーションの考え方のもとで、人々に身近になった「くすり」について丁寧に説明する薬剤師の役割が大きくなりました。それに加えて特に重要になってくるのは、在宅医療の分野です。これまでの在宅医療に医師や看護師、ヘルパーやケアマネジャーといった専門職はいましたが、薬剤師の姿はほとんどありませんでした。しかし、超高齢社会を迎えた日本では、在宅で治療する患者さんが増え、在宅での薬の使い方の指導や管理がとても重要になっています。薬の専門知識をもった薬剤師の役割はより一層大きくなっていくでしょう。
 プール、教室や給食室の衛生管理を行う学校薬剤師も重要です。また、2012年から中学校では「くすりの教育」が始まりました。学校薬剤師は薬の使い方についての教育のほか、薬物乱用防止活動なども行います。災害時にトイレが使えない場合の消毒や環境物質による汚染の防止などの環境衛生・公衆衛生も薬剤師の活躍の場です。
 薬剤師としての仕事のほかにも、製薬会社や大学で薬の研究や開発を行うのも薬学部卒業者の重要な進路です。最近「危険ドラッグ」が問題になっていますが、麻薬取締官の多くは薬学部出身者です。
 薬学部というと薬剤師という職業がすぐに連想されると思いますが、実際にはもっと幅広い分野で社会貢献できる広い間口をもつのが薬学部の特色なのです。

6年制課程で学ぶか、4年制課程で学ぶか

 岐阜薬科大学を含めて、国公立大の薬学部には6年制学科のほかに4年制学科があります。4年制学科の卒業生のほとんどは大学院修士課程に進み、その多くは薬の研究者・開発者、MR(医薬情報担当者)として働きます。現在は移行期間として、4年制課程の卒業者も卒業後に大学院修士課程を修了し、実務実習・個別審査を経て認められた場合、国家試験を受けることができる措置がとられていますが、これは2017 年度の大学入学者までとなります。
 これから薬学部を目指すみなさんは、自分がどちらに進もうとするのかを考えて受験校を決めてください。

全国唯一の公立単科薬科大学。先駆的な取り組みも続々と

 現在、薬学部は全国73大学(国立大14・公立大3・私立大56)にあります。その中で、岐阜薬科大学は唯一、薬学系の公立単科大学という特徴をもっています。1932(昭和7)年に岐阜市立の岐阜薬学専門学校として創立して以来、現在も岐阜市立の薬科大学であり続けています。1学年120人の学生も専門学校の頃から変わっていません。1949(昭和24)年の学制改革では、全国で最初に公立大学になった5つのうちの1つです(ほかは横浜市立大、大阪市立大、神戸市外国語大、九州歯科大)。1953(昭和28)年には大学院を設置しましたが、薬科系の大学院は東京大、京都大と本学が最初でした。1998(平成10)年には全国の薬科大学で初めて附属薬局を開局しています。
 本学も現在、6年制の薬学科(入学定員80人)、4年制の薬科学科(同40人)を設置しています。薬学部は基礎研究が多いので、大学発の薬はそう多くありませんが、本学からはアミノプロピロン(消炎鎮痛薬)、ブコローム(痛風治療薬)、トラニラスト(抗アレルギー薬)などこれまで7つの薬が発明されています。これは大学としてはトップクラスの実績です。
 薬になる可能性のあるものの中から、実際に薬になるのは1万分の1から10万分の1です。それは、薬には厳密な有効性と安全性が求められるからです。医薬品の有効性と安全性を科学的にチェックし審査するのが医薬品医療機器総合機構(PMDA)です。岐阜薬科大学は2011年にPMDAとの連携大学院を設立しました(博士課程)。双方の連携・交流が活発になり、PMDAでの実務経験の成果を論文にまとめ博士号を授与された大学院生も誕生しています。
 海外でPMDAに該当するのがFDA(アメリカ)やEMA(ヨーロッパ)ですが、これらからの情報を分析し、新しい薬の開発の在り方を研究するグローバル・レギュラトリー・サイエンス(GRS)寄附講座も2013年に開設しました(大塚製薬の寄附による)。新薬開発の成功率を上げるためにはPMDAやFDA、EMAといった規制当局の判断基準を理解して変化を予測・対応することが必須であるため、そういった課題に対応できる人材や、製薬企業で開発戦略などを立案・実行できる人材の育成を目指しています。
 また、これから薬学を学ぶ人には薬学の専門性だけでなくマネジメント能力も必要です。そこで2014年からは、名古屋の中京大学とMBA(経営管理学修士)の取得協定を結んでいます。製薬企業で働く場合にも、病院で高度医療に参加する場合にも、薬剤師として薬局を経営する場合にも、あるいは地域の在宅医療に貢献しようとする場合にも、マネジメントの視点は欠かせません。これは、岐阜薬科大の大学院で博士、中京大の大学院でMBAのダブルディグリー取得を目指そうとするものです。学部の授業でも、薬学に関連する様々な分野の専門家を講師として招き、学生一人ひとりが広い視野を身につけることができるようにしています。
 このように本学では、過去においても現在も先駆的な取り組みを続けています。地方の公立で小規模の単科大学ですが、常に社会のニーズに応える新しい試みにチャレンジしています。ある意味では、厳しい環境が本学を鍛えてきたといえると思います。

ヒトと環境にやさしいグリーンファーマシーを提唱

 本学は「グリーンファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じて人類の健康・福祉に貢献できる人材を育成しています。グリーンファーマシーとは、「ヒトと環境にやさしい薬学であり、安心・安全を提供できる薬学」を意味します。岐阜市は近隣に薬草の宝庫・伊吹山があり、古くは日本書紀に岐阜が日本での製薬業発祥の地であると記されています。岐阜は地理的にも日本の中心にあたりますが、本学には北海道から沖縄まで、毎年全国各地から学生が集まってきます。そしてそれぞれが卒業後、地元だけでなく、全国、そして世界で専門性を活かした仕事に就いており、卒業生のネットワークも強固なものになっています。また、成績優秀者や海外留学希望者を対象とした奨学金や、大学院博士課程進学やMBA取得などを目指す学生へのチャレンジ助成金なども整えています。

サイエンスはもちろん、国語力も必要

 薬学部で学ぶには、言うまでもなく基礎学力が必要です。サイエンスがベースにあるのはもちろんですが、実験は好きだが論文は書けない、では困ります。理系こそ、ものごとを論理的に考えてそれを表出する国語の力をもっている必要があります。
 そうした基礎学力に、前述したマネジメント能力を大学に入ってから身につければ真の意味で社会のニーズに応えることができ、信頼される薬剤師として、あるいは様々な薬学系の分野で頼りにされる専門家として活躍できるでしょう。これからのライフサイエンス、薬学を志す皆さんに期待しています。

この記事は「蛍雪時代(2015年4月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【学部リサーチ 2015】 医・歯・薬学部系統 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

“《公立》 岐阜薬科大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中