page_top

2020年度大学入試における「新型コロナウィルス」対応状況まとめ


2020年3月6日
大学受験パスナビ編集部


 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、各大学では受験生向けに注意喚起や大学入試における対応措置を公表しています。一部の大学においては感染した受験生に対して特例処置を行っていますので、事前に情報を確認することをおすすめします。また、今後も対応が変更になる可能性があるため、最新の情報は必ず大学公式ホームページでご確認ください。

○比較的多い対応措置・注意喚起
・新型コロナウィルス(を含む指定感染症)に罹患し治癒していない場合は受験できない
・新型コロナウィルスの濃厚接触者と保健所に指定された場合は受験できない
・特定の地域に指定の期間、渡航していた場合は受験できない
・発熱・咳の症状がある場合、事前の連絡、または当日の申し出を義務付ける
・試験中のマスク着用を認める、または推奨する
・マスクの持参、着用を義務付ける
・受験者の確認のため、マスクを外す指示を出す場合がある
・使用したマスク、ティッシュは(持参の)ビニール袋で持ち帰る
・消毒液を設置し、手の消毒等を義務付ける
・別室での受験を行う
・保護者、教員等の付添者の入校不可
・合格発表をwebのみで行う

○感染した場合の特例措置
感染により試験を受けられない受験生に対して、以下のような特例措置を公表している大学があります。

・追試の実施
・個別学力検査を免除して判定(主に国公立大学)
・入試の振替え(一部私立大学)
・入学検定料の返還

特例措置を希望する場合、実施している多くの大学で、期限までの連絡や医療機関の診断書などが必要となっています。
必ず、各大学のHPで詳細な内容を確認するようにしてください。

○入試(個別学力検査等)の中止
個別学力検査を免除してセンター試験の成績などのみを用いて判定を行う対応を公表している大学があります。

各大学HPにおける受験生への情報提供の状況一覧は下記の通り(URLに加え、一部学校で特記事項を掲載)。
▸国立大学における新型コロナウィルス対応URL一覧(PDF)<3/6時点>
▸公立大学における新型コロナウィルス対応URL一覧(PDF)<3/2時点>
▸私立大学における新型コロナウィルス対応URL一覧《抜粋》(PDF)<3/4時点>