page_top

第6回:学校推薦型・総合型を目指すなら不可欠!秋からの並行戦略

  • 【連載】“学校推薦型・総合型”合格への道
  • [2022/8/22]

学校推薦型・総合型選抜は「多様性が評価される入試」「早期に合格が決まる」 といったイメージが強いが、実際のところはどうなのだろうか。
先輩の実例とともに、学校推薦型・総合型の受験戦略について考えよう。

【第6回】
学校推薦型・総合型を目指すなら不可欠!
--- 秋からの並行戦略 ---

学校推薦型・総合型に求められる“学力”

学校推薦型・総合型狙いでも
共テ・一般選抜対策は必須


 学校推薦型・総合型は「学力試験のみによらず学生の個性や長所を評価する入試」で、近年その枠は増加傾向にある。ただし、あくまで「学力試験『のみ』によらず」である。調査書の学業成績や共通テスト(以下、共テ)によって基礎学力も評価することが基本で、そのため国公立大学では「共テ免除」から「共テ課す」方式への移行が多い。また、「共テ免除」でも入学時に共テの成績を提出したり、進学後に共テ相応の学力が前提とされるケースもある。いずれにせよ学校推薦型・総合型を目指すなら、同時に共テ対策も視野に入れておく必要がある。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中