page_top

[2021年共通テスト]難関大合格者の得点分布

  • [2021年共通テスト]難関大合格者の得点分布
  • [2022/1/6]

国公立大の一般選抜は原則として、共通テストと各大学の2次試験の総合成績で合否が決まる。
だが難関大では、2次試験での得点が合否のカギを握る場合が多い。
そうした合否の得点分布の実態などについて、入試情報のプロである近藤治さんに教えていただいた。
今後の学習計画や2次出願を検討する際の参考にしてほしい。

入試情報のプロが解説!
近藤 治さん
河合塾 教育研究開発本部 主席研究員
(こんどう・おさむ)河合塾入塾後、教育情報分析部門で大学入試動向分析を担当し、進学情報誌『ガイドライン』『栄冠めざして』などの編集を通じて受験生への情報発信を行う。2018年より中部本部長として塾生指導に携わった後、2021年4月より現職。マスコミへの情報発信とともに、生徒・保護者・高校教員対象の講演も多数実施。



共通テスト重視型、2次重視型とも逆転合格・不合格はあり得る

 国公立大の一般選抜では、大学によって共通テスト・2次試験それぞれの配点ウエイトが異なる。とくに難関大では、共通テストより2次試験の配点ウエイトが高い傾向が強く、そうした「2次試験重視型」の大学では、共通テストの得点が高くても不合格、低くても合格となるケースも比較的多い。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・2月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中