page_top

[データで実態に迫る!]初の共通テストの結果を徹底分析!

  • [データで実態に迫る!]初の共通テストの結果を徹底分析!
  • [2021/5/18]

初めて行われた共通テスト。
センター試験より難化するといわれていたが、その実態は?
思考力や読解力が問われる中、予想通り難しかった科目、意外に易しかった科目は?
実施データをもとに、その特徴を押さえ、本番で高得点を取る対策を立てよう!
※共通テスト関係のデータは、特記したもの以外は大学入試センターの発表による。

≪Topic 1≫予想ほど難しくなかった!?

 共通テストの試験日は、新型コロナウイルス感染拡大の対応で、1月16・17 日の「第1日程」と、同30・31日の「第2日程」が設定された。受験者数は48万4,114人で前年より約8%減、ほとんどが「第1日程」で受けた。2月18日発表の「第1日程」実施結果から、国公立大文系・理系に共通の5教科6科目の加重平均点(注)を算出すると472.3点(得点率59.0%)で、「難化する」との予想に反し、20年センター試験に比べ15.1点アップした。

(注)地歴・公民合わせて1科目として100点、理科1科目として100点の800点満点の、科目別平均点・受験者数から算出した加重平均点。理科基礎は2科目受験者の加重平均点。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中