page_top

《自己採点後の併願校選びに!》後期・中期の募集比率が高い「国公立大」学部・学科

  • 《自己採点後の併願校選びに!》後期・中期の募集比率が高い「国公立大」学部・学科
  • [2021/1/26]

2021年(以下、21年)の国公立大一般選抜で、後期日程や公立大中期日程などが、募集人員全体の35%以上を占める学部・学科等(募集人員10人以上)の一覧を紹介する。
共通テスト自己採点の結果、第1志望の前期日程はあまり自信がないが、「どうしても国公立へ行きたいから後期まで粘る!」という人は、より可能性の高い併願先を選ぶ参考にしてほしい。

平均は前期8割、後期・中期ほか2割だが、5割を超えるケースも…

 国公立大一般選抜は、第1志望校を前期日程で受験するのが基本。とはいえ、国公立大を目指す受験生にとって、後期日程と公立大中期日程(以下、中期)は貴重な併願先だ。 しかし、その募集枠はけっして大きくない。昨年(20年)の募集人員(総合計)の比率をみると、前期が約8割を占めるのに対し、後期と中期、別日程を合わせても約2割に留まる。
 しかも、学校推薦型・総合型選抜の募集枠拡大などに伴い、後期の募集停止や縮小は続いている。2021年入試では、金沢大が全学で後期を募集停止。さらに、北海道大-歯、東京工業大- 生命理工学院、新潟大-教育・創生、岐阜大-教育、和歌山大-観光、香川大-医(医)、愛媛大-医(医)、長崎大-教育などでも後期を募集停止した。
 選択肢が狭まる一方の後期・中期だが、それでも“最後の頼みの綱”であることに変わりはない。まして、募集枠が平均(2割)を大幅に上回る場合はなおさらだ。そこで募集人員全体に占める後期や中期などの比率が35%以上を占める学部・学科等(募集人員が10人以上の募集単位)について、共通テスト(以下、共テ)と個別試験(以下、2次)の概略もあわせて、一覧表を掲載した(教科・配点等は11月末現在)。自己採点の結果、第1志望の前期日程で思ったような判定が出なかった人や、「どうしても国公立へ行きたいから後期までがんばる」という人は、併願先を決めるにあたって、参考としてほしい。


螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

5月のテーマ
毎月中旬更新

難関大学[一般/学校推薦型/総合型 選抜]のメリット・デメリット

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中