page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

《大学の魅力③》:大学のアクティブ・ラーニング

  • 大学には君の可能性を広げる機会がいっぱい!
  • [2020/6/29]

座学以外の学びの機会も豊富
講義室を飛び出すことも

 学生同士や教員はもちろん
 地域や企業と関わる活動も


 大学では、学生が教員から一方的に講義を受ける座学以外にも、豊富な学びの機会がある。学生自身が能動的に学びに参加する、いわゆるアクティブ・ラーニングの例を紹介する。
 アクティブ・ラーニングと聞いてすぐに思いつくのは、学生同士のディスカッションやグループ・ワーク、ディベートなどだろう。大学では高校まで以上にこれらの機会が増える。外国語を話しながらのグループ・ワークなど、目先が変わったものに参加することもあるだろう。教員や上級生を交えて議論する授業もある。
 農林水産業の現場や地域社会を実地調査するフィールドワークのように、大学の講義室を飛び出す活動もある。また地域の企業や生産者と協力してオリジナルの新商品を開発したり、自治体などと連携し


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学には君の可能性を広げる機会がいっぱい! 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中