page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

推薦型&総合型選抜の基礎知識…『総合型選抜』とは

  • [2021年度]「推薦型&総合型」ってどんな入試?
  • [2020/5/19]

アドバイス:滋賀県立草津東高等学校
進路指導課長
堀 浩司 先生

アドミッション・ポリシーを確認し、「意欲」「可能性」をアピール!
面接(面談)重視だが、「学業成績基準」や「英語資格」の重要度高まる

北海道大‐理(地球惑星科学)・歯・水産では、共通テストを課す方式に

 AO入試(2021年度から総合型選抜)の実施率は全大学の76.7%、全学部の69.1%で、推薦入試と比べて低く、AO入試による入学者数も全入学者の9.9%に留まるが(2019年度入試)、年々増加傾向にある。これは、2021年度以降の「入試改革」(論理的思考力・表現力、主体性、多面的・総合的な評価などを重視した選抜)を先取りする形で、AO入試が再評価されるようになったためだ。

 2021年度は、国立大では岩手大‐農、埼玉大‐経済、愛媛大‐医(医)、長崎大‐経済などが共通テストを課す総合型選抜を新規に実施する(図表4)。

 一方、岩手大‐教育、東北大‐教育、医(保健=放射線・検査技術)、金沢大‐人間社会(国際)などが共通テストを課さない総合型選抜を導入する。

 2016年度に東京大が推薦入試、京都大が特色入試を導入したのを皮切りに、難関校を中心に推薦・AO入試が拡大している。国公立大AO入試の実施学部数の推移を見ると(図表5)、センター試験(2021年度から共通テスト)を「課す」方式・「課さない」方式とも、ここ5年間で急激に増えている。



この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

[2021年度]「推薦型&総合型」ってどんな入試? 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中