page_top

金沢大学「後期一括入試」

  • [進路に悩む人へ] “選ばない”という選択
  • [2018/6/26]

2018年度入試から新たに導入。手厚いサポートで納得の進路決定を目指す

 金沢大学では2008(平成20)年度に、従来の「学部・学科」から、より幅広く柔軟な学びを目指し「学域・学類」という組織に再編した。それから10年後、2018(平成30)年度から一般入試の後期日程で、学類単位の募集と並行して、入学後に1 年かけて所属する学類を決定する「後期一括」入試をスタートさせた。

 学類を定めず、文系・理系の“大括り”で募集。センター試験・個別試験の科目を統一し、私立型の科目数で実施した点が、前期日程や後期日程の学類別入試と異なる特徴だ。

 「後期一括」入試による入学者は全員、1年次は「国際基幹教育院総合教育部」に所属し、いくつかのクラスに分かれ、文系・理系それぞれの共通カリキュラムに基づいて、「共通教育科目」を幅広く学び、じっくり進路選択を考えていく。その際、クラス担任教員が学習や生活上の相談にあたるとともに、文系・理系それぞれの専任教員「アカデミック・アドバイザー」が、個々の学類・進路希望に沿った履修計画をチェックし、随時面談を行うなど、丁寧にサポートする。

 最終的には学年末の3 月に、本人の希望と1年次の成績(対象となる科目の「移行点」)によって、進む学類が決まり、2年次に移行する。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・3月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[進路に悩む人へ] “選ばない”という選択 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

“金沢大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

  • 動画

    今月の動画

    2023年 入試動向予測
    一般選抜の志望動向を徹底予測!

3月のテーマ
毎月中旬更新

合格者が知る!直前対策の要所&入学後のビジョン

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中